マスクでイメチェン、目元を明るく華やかに♪

マスクをすると険しく怖い表情に見えてしまう、顔の大部分が隠れるので暗い印象になる……とお悩みになったことはないでしょうか。

マスク着用時に普段と同じメイクをするとキツめの印象に見えやすくなってしまいますので、いくつかのコツをおさえマスク用のメイクを整えていきましょう。
マスク着用時のメイクのポイントについて紹介します。

「コンシーラーで徹底的にくすみ・クマ飛ばし」
まず最初に、肌色にあったコンシーラーを使い徹底的にくすみやクマを飛ばしカバーしましょう。
マスク着用時でも目元は外からしっかり見えますので、この部分にクマがあると不健康な印象を与えてしまいます。
マスクによって影ができ元からあるクマが強調される場合もありますので、使うコンシーラーは普段よりも一段階明るい色味が向いています。
コンシーラーは優しく肌に塗り、叩き込みながらよく馴染ませるようにしてください。

「アイシャドウにはブラウンやピンクなど柔らかい色を」
アイシャドウには肌馴染みの良いブラウン系や血色感のあるピンクやオレンジなどをメインで使いましょう。
黒いアイシャドウやアイライン、マスカラなどは白マスクと組み合わせるとコントラストの差が大きくなりケバい印象を与えるため、使用を控える方が無難です。
アイラインはダークブラウン系のアイシャドウを使い、メインカラーとしてライトブラウンやピンクなどの表情が明るく見えるカラーを使うのがポイントです。
涙袋部分にラメ系のシャドウを塗れば目のボリュームも増せますし、ラメが光を集め反射するので目元を明るく華やかな雰囲気に見せてくれます。

「チークは普段よりやや斜め上に」
マスク着用中はチークは隠れるから塗っても意味がない、と思っていませんか?
確かにチークを使っても大部分は隠れてしまうのですが、使うのと使わないのではメイクの仕上がりは雲泥の差が生じます。
マスクメイクでは普段のチークの位置よりも、やや上気味の外側にずらして塗るのがオススメです。

マスクの上端からチークのグラデーション部分がぼんやりと覗くようなイメージで塗ると言えばわかりやすいかもしれません。
チークを使えば顔の大部分が隠れていても血色がよくて可愛らしく甘い印象を与えるので、男性にも親しみやすさを感じさせることができますよ。

快適マスクはこちら

投稿順 新着順

x